ブログ

PT01の染め直し②


またまたPT01をオークションで安く購入出来ましたので
染め直し致しました。


今回はピンクのパンツです。


お安い理由はこちらの裾変色。

前回エンジを黒に染め直したので次はベージュのパンツが
欲しいと思ったんですが、この裾のシミがある為にベージュで
染め直しても色差が残ってしまう事が懸念されます。

そこで一手間かかりますが、全体を一度ブリーチする事にしました。
現状の色差を極限まで少なくして淡いベージュカラーで
染め直して色差が残らなければ良いなという作戦です。



裾の色差がかなり埋まった様です。



希望通りのムラの無いベージュパンツが仕上がりました。

これで2回目となったPT01(ピィーティーゼロウーノ)パンツの
秀逸(染め直しするのに)なところは、縫製糸とチャックライナーが
綿糸で作られていて本体と同じ色にに染まってくれる点です。






縫製糸が本体と同じベージュに染まっています。

こちらは一般的な製品の場合は本体がベージュに染まっても
糸がピンクに残ってカラーステッチの様に出てしまうのです。
最初から色が違うのを計算して作られたデザインで無い限り
この色違いが恰好悪く見られる事が多いです。




チャックライナーまできちんと染まってくれる製品は本当に珍しいです。

「PT01 」染め直し屋が強くお勧めする染め直して蘇る製品です。
ご愛用のお客様どうぞ色褪せが気になりましたらご検討下さいませ!

ちなみにPT01ブランドについてご存じ無い方もおられると思いますので
下記サイトで詳しく説明されています。

https://otokomaeken.com/brand/27065
https://www.mensbuy.jp/blog/125391/

パンツのNo.1はこれ!愛され続ける「PT01」特集

関連記事

ページ上部へ戻る