ブログ

  1. デニム製品のブリーチ

    デニム(インディゴ)製品の染め直し依頼は多数のお問い合わせを頂きますが後染めで染める事でインディゴ特有の立体感が無くなってしまいベタでマットな均一感のある仕上がりになってしまうのでお勧め出来ないとお断りする事が良くあります。

  2. 赤い日焼け

    染め直しアイテムをお預りした時にすっごいワクワクするアイテムがあります。それは、ネービーや黒のお品が赤く日焼けしてしまったお品なんですが日焼けが全面に広がっているアイテムが到着した時には嬉しさで飛び上がりそうになってしまいます。

  3. 薄く染めるとシミが上がってしまうケース

    色褪せしたアイテムの色戻しは多数ご依頼頂いておりますが淡色に染め直す場合にシミ変色が出てしまう事があります。ベージュのグラミチパンツを新品の時の様なやや濃いめのベージュに染め直そうと仕上げましたが染める事で最初は無かった大きなシミが浮かび上がってしまいました。

  4. 撥水加工も賜ります。

    染め直したお品に「撥水加工」を付与する事も賜りますのでご希望のお客様はお声掛け下さい。ナイロン素材のバーバリーコートを染め直した後に撥水加工を施しました。表面に撥水剤の膜が張りますが風合いはそこまで固くなりません。

  5. PT01の染め直し②

    またまたPT01をオークションで安く購入出来ましたので染め直し致しました。今回はピンクのパンツです。お安い理由はこちらの裾変色。

  6. PT01の染め直し

    ヤフーオークションで購入したPT01(ピーティーゼロウーノ)パンツを染め直し致しました。ちょっと履きこなすのに勇気の入る派手目ボルドーカラーで全体的に色褪せが進行してしまっているのでブラウン系か黒で悩みましたが黒に染める事にしました。

  7. CCM測色機を導入しました。

    染め直し屋にCCM測色機がやってまいりました。CCM測色機とはハギレの様な小さな色見本から色のデーターを計算してくれる機械です。これでオリジナルカラー染め直しの精度がより一層高まります。クラシカルな雰囲気の頼もしい機械です。

  8. 新品を古着調に仕上げる事もあります。

    染め直し屋に持ち込まれるお品は色褪せやシミ変色で汚れたアイテム等が圧倒的でそれらを染め直し再生する事が多いのですが、ごく稀に新品状態が嫌で古着調にして欲しいといった真逆のご依頼も頂く事があります。新品シャツの色が派手で風合いも固くサイズもやや大きい。

  9. 柄シャツの染め

    柄シャツの染めが面白いです。気が付くとあまり着なくなった柄シャツがいっぱい溜まっているなんて事ありませんか?昔は良く着ていたのに最近はあまり活躍する機会のないシャツ達。

  10. アイコスケースの染め

    染め直し屋に珍しいご依頼が舞い込みました。アイコスケースの染め直しです。私はタバコを吸いませんのでアイコス自体を知らなかったのですがアイコス愛用者の方でプラスチックのハードケースをオリジナルカラーに染めたいという方がおられるんですね。

Instagram

Instagram

画像添付用

fukuipress@somenaosiya.jp
10月20日(日) 
お持ち込み受付致しております。
ページ上部へ戻る